外壁塗装に関する情報サイトです

このサイトでは外壁塗装に関する基礎知識や裏技テクニックを大公開しています。外壁の塗装を行う前に知っておきたいポイントを解説しているので、これから塗装を考えているのであればぜひ参考にしてみてください。自治体の助成金を使用することによって外壁の塗装費用を節約することも可能なのか、というよくある疑問についても解説しています。さらには初心者向けに、外壁の塗装が必要になる理由に関しても触れているサイトです。

外壁塗装を行う前に知っておきたいポイント

外壁塗装を行う前に知っておきたいポイント これから外壁塗装をすることを計画しているという人は多いのではないでしょうか。
そのような場合には、予め外壁塗装に関する基礎知識や大切になるポイントを知っておくのがお勧めです。
住宅を美しくする外壁の塗装には、建物の劣化を防ぎ手入れをするという意味があります。一般的に10年程度が塗装の寿命と言われているので、あまり劣化させてしまわない前に塗り直しをするのがお勧めです。
外壁塗装に適した季節は一般的に春や秋ですが、地域によってはこれ以外の季節でもできることもあります。
人気のシーズンを避けると、安く外壁塗装できることもあることは知っておきたいところです。塗料の種類は色々あり、耐久年数が長いものほど高い傾向があります。

外壁塗装で満足するために必要な条件とは何か

外壁塗装で満足するために必要な条件とは何か 近い将来、自分の家の壁を外壁塗装する場合には、満足感を得られることが重要になります。では満足感を得られるために外壁塗装で必要なこととは一体何でしょうか。
まず、しっかりと効果が出る事は重要になります。例えば、外壁を塗装する場合であっても、効果があまり出ないようなことも考えられます。よくあるパターンの1つは、塗料がうまく馴染んでいない場合です。
これは、塗料の問題と言うよりも使い方の問題にあると言ってよいでしょう。つまり業者側が、ちゃんとしたものを利用していないと言うよりも使い方を間違えている場合が考えられます。そうだとすれば、まず業者を選ぶ段階でしっかりとしたところを選定しなければなりません。
正しい選び方があるとすれば、やはり口コミや評判などをとても大事になるところです。
近所の人から口コミや評判などを聞く事は大変重要になるでしょう。ただそれだけでなく、インターネット上の情報はとても大事になります。インターネット上の情報は、正しいものとは限らないケースが多いため、信用できる掲示板等の情報が良いです。
ただ最終的には、自分で業者の人と話をして判断することが大事です。契約の前にじっくり話をして判断するのが良いかもしれません。

屋根塗装と同時に外壁塗装を行えば足場費用の節約に繋がる

屋根塗装と外壁塗装を同時に行うのは大変だというイメージがあるかもしれませんが、一緒に行う事でメリットとなる事があります。
まず挙げられるのが足場費用のコストダウンに繋がるという部分です。
屋根塗装と外壁塗装を別々に行う場合は、そのたびに足場を設置する事になりますので、余計に2倍のコストがかかるという計算になります。
そのため屋根と外壁を一緒に行えば大幅なコストダウンとなるのが分かります。
例えば一般的な住宅の例として2階建てで外壁の面積が200㎡程度であれば、足場を設置する費用は約15万円程度が相場となっています。
これが2回かかるか1回で済むのかは大きな違いとなってくるでしょう。
もちろん工期の部分でも短い期間でまとめてできますし、良いメリットが多くなっています。
外壁の塗替えタイミングは約8年〜15年、屋根の場合は約6年〜12年とされていますので、塗替えのタイミングとなっている場合は、屋根塗装と外壁塗装をまとめて行う検討をしてみるのがおすすめです。

グレードが低い塗料で外壁塗装を行うと塗り替えを楽しめる

外壁塗装を行う際には、多くの方々が耐久性を求めるものですが、定期的に比較的短い間隔で外壁塗装を施して、住宅のイメージチェンジを楽しみたいと考える方は、耐久性を求めるのではなく敢えてグレードの低い塗料を選ぶことで経費面を節約することができます。
一般的に利用される塗料の種類はウレタン以上を選択することが一般的ですが、塗り替えを何度も行いたい方に対してはアクリル塗装でも十分な耐候性を維持することは可能です。
アクリル塗料は屋外で使用する塗料の中でも最も低いグレードになりますが、外壁に用いた場合は3年から5年程度の耐久性になることと、上のランクのウレタン塗装以上と比較をすると、施工料金は30万円近く安くなることが多いので、イメージチェンジを短いスパンで行うことを希望する方にとっては十分な耐久性と判断することができます。
外壁塗装の場合は足場は固定費になりますが、用いる塗料の品質で大きく価格差が生じるものなので、反復して色替えをしたい方はアクリル塗装で十分ではないでしょうか。

外壁塗装の依頼先は自社施工の会社を選択するのがコツ

外壁塗装に関しては自社施工の会社を選択すると良いケースが多いです。
外壁塗装は、施工したメーカーからメンテナンスで塗装をお勧めするケースがある場合もあれば、訪問販売にて営業するセールスマンが塗装をお勧めするケースがあります。
そのような場合には、自社施工の職人を有する会社をお勧めします。
インターネットの弊害ともいえるのですが、訪問営業するセールスマンが塗装の事を得意げに進めてきますが、外部の業者に依頼するケースが多くあります。
そのような多くの業者は契約が決まれば下請けの業者に丸投げしますので、最初の営業マンが話していた内容とは施工方法や費用の面でもまったく異なるケースがあります。
やはり、初期の建築時点にてどのような塗装材料を塗ったか履歴が残っていて新たな塗料を塗装する場合には最適な選択をする事が可能になります。
また、色の配色バランスも過去の建築時の打合せの資料からご主人の希望に合わせて選択する事ができます。

最低でも3社以上に外壁塗装の見積もりをして優良業者を選ぼう

外壁塗装を施す際には、複数社に対して見積もり依頼を行なう必要があります。
劣化した外壁を放置することは、美観を損なうだけではなく、住環境の悪化や資産価値の減少を招くことに繫がります。
インターネット上にある比較サイトには、外壁塗装に関する特集を掲載するところも多く見られます。
施工事例と共に、見積もりを依頼できる機能を備えているところも少なくありません。
同じ塗料を用いても、施工会社によって投じる費用が変わっていくことは珍しくありません。
外壁塗装を施す際には、少ない費用で仕上げたいと考えるのが普通でしょう。
気に入った事例を見かけた場合には、複数の会社に問い合わせを行なうことを心掛けましょう。
塗料によって、耐久性や施工に要する費用には違いが見られます。
初めて外壁塗装に携わる方は、塗料の種類や効能の違いがイメージできないものでしょう。
少ない予算で塗装する場合にはアクリル系、耐久性を重視するのであればフッ素系など、求める効能を決めた上での問い合わせが大切です。

外壁塗装の正しい塗り方と作業工程を学ぼう

外壁塗装の作業工程と正しい塗り方を学ぶと、家のメンテナンスを専門会社に頼む時にも役立ちます。
家の外壁が劣化すると、ひび割れや色褪せが目立つようになります。
定期的に外壁塗装を行うと、紫外線や雨から家を守り外観も美しく保てます。
外壁塗装の工事では最初に職人の作業に必要な足場を組立て、高圧洗浄で汚れを取り除きます。
特殊な機械を使って汚れを洗い流したら、養生の工程に入ります。
塗料の付着を避けたい部分は、ビニールなどを使って保護します。
養生の作業が終わると下塗りの作業に進み、中間検査を行います。
工程に不備がないように確認を行い、初期不良を防ぎます。
下塗りの後に中塗りを行い、塗料が乾燥したら最終段階の上塗りを行います。
厚みのある塗膜を形成すると、紫外線などのダメージから建物を守れます。
全ての塗装が終了したら完了検査を行い、塗り残しの有無を確かめます。
修正が必要な場合は、丁寧に修正を行って塗装作業を終わらせます。

外壁塗装 関連サイト

岡山 外壁塗装